イベント情報

9月17日 打ちたて蕎麦と日本酒

京都から蕎麦打ち職人をお呼びして目の前で打ってもらって、打ちたてのお蕎麦と日本酒なんていかがでしょうか?
もちろん、日本酒以外の飲み物も普段通りお飲みいただけます。

昼の部と夜の部の2部制で各15名です。
蕎麦に限りがあるので完全予約制です。

タイムスケジュール
昼の部(15名)
12:00~ 蕎麦打ち開始
13:00~ 順次、蕎麦をお渡しします。

17:00 閉店

夜の部(15名)
18:00~ 蕎麦打ち開始
19:00~ 順次、蕎麦をお渡しします。

24:00 閉店

12:00又は18:00から飲み始めていただけます。
14:00又は20:00ぐらいまでにはご来店ください

料金
蕎麦代に飲み放題代を個別で選んでいただきます。
飲み放題代は
1時間 1620円
2時間 2160円
無制限 3240円

蕎麦代 1人前1300円

あと出張費の15,000円を人数で割らせていただきます。
※30人の場合は500円です。

お出しとお塩はご用意していただけますが職人さんのこだわりで薬味はございません。
ワサビやネギなどが必要な場合は各自ご用意ください。

【職人の紹介】
古知屋 信定

無類の麺好きで山形の寒河江で食べた手打ちそばが大変美味しく自分でそばを打つきっかけになる。
2000年7月に現代の名工で京都の有喜屋三代目の三嶋吉晴による有喜蕎心流そば打ち塾に入り、現在は師範のアシスタントを塾でつとめる。
蕎麦打ち歴は16年

活動として2011年、向日市公民館で手打ちそば教室等を行い、個人宅やイベントで出張そば打ちを行う。
その活動で橋本関雪記念と知り合い、滋賀県大津、橋本関雪ゆかりの地、瑞米山月心寺で手打ちそばを週3回開催する。

大変好きな言葉は、池波正太郎氏より
男と女は切っても切れるが、そばと酒は切っても切れない!!

今回のイベントにピッタリです!!

材料の兼ね合いがありますので完全予約制です。
ご参加の方は以下の内容をコメントかメッセージにてご連絡ください。
人数
昼の部か夜の部。

24日も同じ内容でイベントを行います。

情報は随時UPします。